生成モデルでも特許を取れるって本当!?

生成モデルでも特許を取れるって本当!?

スキルアップAIの小縣です。

生成モデルの1つである StyleGAN も特許化されていることをご存知でしょうか?
AIアルゴリズムの特許といえば、バッチ正規化やドロップアウトが有名ですが、実は他にもたくさんのアルゴリズムが特許化されています。 これら特許化されたアルゴリズムを商用目的で勝手に用いると、特許侵害になりますので、特許権者の企業から訴訟を起こされる可能性があります。
「このアルゴリズムは論文で発表されているから大丈夫」「このアリゴリズムはGitHubで公開されているから大丈夫」ではありません!しっかりと特許に関する知識を身につけ、多大な損失を未然に防ぎましょう。


1.SyleGANの特許

StyleGAN の論文は A Style-Based Generator Architecture for Generative Adversarial Networks です。そして、この論文に対応する特許が STYLE – BASED ARCHITECTURE FOR GENERATIVE NEURAL NETWORKS です。arXiv への v1 投稿日が2018年12月12日であり、特許申請日が2018年11月14日です。 このことより、論文を発表する1ヶ月前に特許を申請していたことがわかります。発明者(Inventors)を見ると、論文の著者である、Tero Karras, Samuli Laine, Timo Aila の3名となっています。特許書類内には、論文内で用いられている写真や図が掲載されています。図1と図2は、特許書類から引用したものです。

この特許は米国で登録されたたものですが、日本の企業が StyleGAN を用いたウェブサービスを提供する場合、それが米国内で利用できるのであれば、この特許を侵害する可能性があるので十分に注意が必要です。

StyleGAN の仕組みについては、2020年時点で最も注目される生成モデル StyleGAN をご参照ください。

図1. ブロックダイアグラム
(参考文献[2]より引用)

図2. 生成画像例
(参考文献[2]より引用)

2.その他のAIアルゴリズム特許

特許化されている AI アルゴリズムは他にもたくさんあります。一例を以下に示します。

アルゴリズム・手法 特許登録日 特許登録番号 特許権者
ドロップアウト Aug 2, 2016 US 9,406,017 B2 Google
バッチ正規化 Sep 17, 2019 US 10, 417,562 B2 Google
GoogLeNet Jul 25, 2017 US 9,715,642 B2 Google
Faster R-CNN Jan 2, 2018 US 9,858,496 B2 Microsoft
蒸留 May 14, 2019 US 10,289,962 B2 Google
Transformer Oct 22, 2019 US 10,452,978 B2 Google
Mask R-CNN Jul 14, 2020 US 10,713,794 B1 Facebook

3.おわりに

スキルアップAIでは、2021年6月29日に AI特許講座 を開催します。
講師は、河野特許事務所の河野英仁弁理士です。河野英仁弁理士は、弁理士という立場でありながら、AI 実務や機械学習にも精通されています。他にはない大変貴重な機会です。ぜひ受講をご検討ください。
河野英仁弁理士が執筆されている AI特許紹介 も大変参考になります。ぜひご一読ください。

4.参考文献

[1] A Style-Based Generator Architecture for Generative Adversarial Networks

[2] STYLE – BASED ARCHITECTURE FOR GENERATIVE NEURAL NETWORKS

スキルアップAIのメールマガジンでは会社のお知らせや講座に関するお得な情報を配信しています。
配信を希望される方はこちら

また、SNSでも様々なコンテンツをお届けしています。興味を持った方は是非チェックしてください♪
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
更新日:2021.06.08

関連する講座

Page Top