データマネジメント講座

データマネジメント講座

はじめてのデータマネジメント

AIを開発しようとしたときにデータ専門家から「データ基盤やデータマネジメントが必要」と言われたことはないでしょうか?
実際のところ、データ基盤やデータマネジメントが存在しないとAI開発やデータ分析において様々な問題が発生します。
本講座では、全ビジネスパーソン向けにデータマネジメントの全体像を解説します。

講座の概要

講座で得られる知識・スキル

  • データマネジメントとデータ基盤に関する俯瞰的な基礎知識
  • データマネジメントやデータ基盤の必要性を説く力
  • データエンジニアとの円滑なコミュニケーション力

講座の特長

  • 事前知識不要
  • 難しい技術用語を避けて説明する
  • 抽象的な概念だけでなく具体例を交えて説明する

無料トライアル版
データマネジメント講座

データマネジメント講座のカリキュラムの一部が視聴できます。まずはトライアル版でスキルアップAIの講座の雰囲気やわかり易さを体験してみてください。

無料トライアル版に含まれる内容(約30分相当)

  • 第1章 データマネジメントの概要

こんな方におすすめ

  • データマネジメントやデータ基盤が何かを知りたい方
  • E資格取得後、さらに実務寄りの知識を身に付けたい方
  • データエンジニアと共通言語となる技術知識を体系的に理解したいエンジニア・プロジェクトマネージャ

講座概要

講座名 データマネジメント講座
受講スタイル オンライン講座
お好きな時間、お好きな場所でeラーニング形式にて受講いただけます。
講座時間 動画講義4時間
料金 77,000円/1名(税込)
料金に標準で含まれるもの
  1. 動画講義
  2. 講座資料
  3. ライブ配信講義の録画動画
動画の視聴期間 動画共有日から1年間

お見積り請求についてのお問い合わせはこちら
見積り請求

※本講座/他講座との併合お見積りについては上記よりお問い合わせください

カリキュラム

序章 データに関する社会状況


第1章 データマネジメントの概要

  • データマネジメントの概要
  • データマネジメントが必要な理由
  • データマネジメント内での取り組む順番

第2章 データエンジニアリングの具体的機能

  • データアーキテクチャ
  • データ基盤の3層構造
  • データ収集
  • データ整形
  • データ統合
  • データ活用システム

第3章 データ基盤の事例

  • 技術用語
  • データ基盤の事例

第4章 データ基盤開発の進め⽅

  • データ基盤開発体制構築について
  • データ基盤の開発運用のコストについて

第5章 データガバナンスの具体的機能

  • マスターデータ管理
  • メタデータ管理
  • データ品質管理
  • データセキュリティ

※カリキュラムは変更となる場合がございます。

カリキュラム詳細が知りたい方はこちら
お問い合わせ

法人研修のご相談はこちら
※法人研修をご検討の場合はカスタムも可能です

開催日程

オンライン講座

随時お申し込み可能です。受講方法については、お支払い確認後、3営業日以内に講座についてご案内いたします。

講師紹介

  • 宮島 弘行​

    慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後に、グリーで開発エンジニアを1年半務め、リクルートマーケティングパートナーズに転職。 高校生向けのオンライン学習サービス事業などにおいてWebディレクションやWebマーケティングに注力。 その後はLINEに参画し、広告や機械学習のプロダクトマネージャーを経験しデータ×PMというポジションを確立。 カカクコムに転職後はマネージャーとして食べログのデータサイエンスチームの立ち上げを推進。 その後グロービスにてデータサイエンス組織立ち上げとデータ活用をマネージャーとして推進。 現在はフリーランスとして、データ関連プロジェクトやデータ組織マネジメントの支援を実施中。

  • 小縣 信也

    兵庫県出身。大阪市立大学工学部卒業後、建材メーカー、設備設計事務所に勤務。2010年、OpenFOAM勉強会for beginner(現オープンCAE勉強会@関東)を立ち上げ3年間幹事を務める。建築環境に関する数値シミュレーション、電力量や温湿度などのセンサーデータに関する分析が専門。1級建築士、エネルギー管理士。2013年、国土交通省国土技術政策総合研究所 優秀技術者賞受賞。 日本ディープラーニング協会主催2018E資格試験 優秀賞受賞、2019#1E資格試験優秀賞受賞。最近は、需要予測や異常検知などのモデル開発に取り組んでいる。著書「徹底攻略ディープラーニングE資格エンジニア問題集」(インプレス)。

更新日:2021.12.03

関連する講座

Page Top
お申し込みはこちら