機械学習クラウド講座

機械学習クラウド講座

クラウドプラットフォームが提供する機械学習系サービスの活用方法を学ぶ

近年、GCP、Azure、AWSなどの大手クラウドプラットフォームにおいては、機械学習系サービスが多数リリースされています。各プラットフォームが提供している機械学習系サービスには、機械学習エンジニアにとって有益なものが多く、これらサービスを活用できるエンジニアとそうでないエンジニアとでは、実装の速度が大きく変わります。一方で、サービスの種類が非常に多く、どのような場面でどれを使えばいいのかわかりづらいという側面もあります。
本講座では、各プラットフォームにおける代表的なサービスを学びながら、目的に応じた最適な使い分け方を身につけていきます。

講座で得られる知識・スキル

受講に必要なスキル・前提知識

必須スキル

推奨スキル

講座の特長

  • GCP、Azure、AWSを比較しながら、それぞれの機械学習系サービスを学べる
  • 通し課題に取り組むことによって、実践力が身に付く

講座概要

講座名 機械学習クラウド講座
講座時間 16時間(4日 × 4時間)
料金

200,000円/1名(税別)

料金に標準で含まれるもの

①対面講義(16時間)
②学習用動画(約8時間)
③講義資料(スライド)
④通し課題の発表に対するコメント
⑤チャット質問対応

定員 25名(最少催行人数10名)

 

カリキュラム

DAY1DAY2DAY3DAY4

DAY1

  • GCP、Azure、AWSのサービスの概観、比較
  • ハンズオン
  • 通し課題の説明

DAY2

  • GCPの主要サービスの使い方解説
  • ハンズオン

DAY3

  • Azureの主要サービスの使い方解説
  • ハンズオン

DAY4

  • AWSの主要サービスの使い方解説
  • ハンズオン
  • 通し課題の発表

※カリキュラムは変更となる場合がございます。

 

開催日程

東京会場

第1期

DAY1:11/26(木) 14:00~18:00
DAY2:12/10(木) 14:00~18:00
DAY3:12/24(木) 14:00~18:00
DAY4:01/07(木) 14:00~18:00
予備日:01/14(木) 14:00~18:00

講師:小縣 信也​

<東京会場>
場所:スキルアップAI 水道橋オフィス(地図はこちら
東京都千代田区神田三崎町3-3-20 VORT水道橋Ⅱ 5階

講師紹介

  • 小縣 信也

    兵庫県出身。大阪市立大学工学部卒業後、建材メーカー、設備設計事務所に勤務。2010年、OpenFOAM勉強会for beginner(現オープンCAE勉強会@関東)を立ち上げ3年間幹事を務める。建築環境に関する数値シミュレーション、電力量や温湿度などのセンサーデータに関する分析が専門。1級建築士、エネルギー管理士。2013年、国土交通省国土技術政策総合研究所 優秀技術者賞受賞。 日本ディープラーニング協会主催2018E資格試験 優秀賞受賞、2019#1E資格試験優秀賞受賞。最近は、需要予測や異常検知などのモデル開発に取り組んでいる。著書「徹底攻略ディープラーニングE資格エンジニア問題集」(インプレス)。

ご案内

PCの動作環境

・MacOS 10.12 以上
・Windows 8 以上(64bit必須)
・メモリ8GB以上

※ 事前に作成したアカウントへのアクセスが可能な PC をご持参ください。
特に社用PCを講座当日に使用する場合は、必ず「お申し込み前に」アクセスが可能かどうかご確認いただくようにお願い申し上げます。
アクセスが不可である場合、講座当日のハンズオンを実施することができません。

アカウントの事前作成

GCPAzureAWSの3つのアカウントを事前にご用意ください。
 ・3つとも無料アカウントで構いません。
 ・アカウント作成にはクレジットカードが必要となります。

FAQ

動画の視聴期限はいつまでですか?

最終講義日から30日間です。

チャット質問期限はいつまでですか?

最終講義日から30日間です。

関連する講座

Page Top
お申し込みはこちら