現場で使えるAIプランニング・プロジェクト推進基礎講座

現場で使えるAIプランニング・プロジェクト推進基礎講座

第一線で活躍するAI活用経験豊富な講師陣が、数多くの先端AIテクノロジー事例に触れながら、AIを実務で活用できるための主体的学びを提供します。

「AIの民主化」と言われるように、誰でもAI活用ができます。一方で「AIを活用したからこそ成果が出た」といった事例は多くありません。AIを活用して事業価値を生み出すには、AI活用の成功/失敗事例に触れ、独特のプロジェクト推進方法やタスクを理解することで、AI活用プロジェクトを管理する感覚を養うことが必要です。
本講座では、近年著しい技術進歩が見られる画像認識、音声認識、自然言語処理の領域を中心に、数多くのAI活用事例の解説に触れながらAI活用プロジェクトの推進方法やPoC実施の勘所を身につけることができます。

講座の特長

  • 講師陣は経験豊富な現場のスペシャリスト
  • 豊富な先端AIテクノロジー事例を素材に、ビジネスサイド最高峰のAI実践講座
  • グループワーク形式にて複数の仮想AIプロジェクトを体験

講座で得られる知識/スキル

現場で使えるAIプランニング・プロジェクト推進基礎講座の特長

前提知識の目安

G検定合格レベルのAI基礎知識
G検定合格レベルのAI知識を学ぶならこちら

受講対象者

  • これからAIを企画・推進する立場の人
  • AIを活用したプロダクトを生み出したい人

講座ゴール

  • ビジネス価値に繋げるAI導入の思考力が身につく
  • 強みとなる独自のAIコア技術開発の基本的な考え方が身につく

開催概要

講座名 現場で使えるAIプランニング・プロジェクト推進基礎講座
講座時間
16時間
・全2回コース(2日×8時間)
・全4回コース(4日×4時間)
※期によりいずれかのパターンとなります。
※全2回コースはDAY1とDAY2、DAY3とDAY4が同日に実施となります。
料金 ¥150,000/1名(税別)
定員 25名(最少催行人数10名)

 

※最少催行人数に満たない場合は、開講日の1週間前に開催を判断致します。

カリキュラム

AIの大局観を身に付ける

・人工知能の技術と活用の歴史
・第一世代、第二世代
・古典的ゲーム理論
・探索木
・記号処理
・神経組織のモデル化
・第3世代 ディープラーニングの時代
・代表的な手法とその応用(CNN, RNN, LSTM)、動向
・分析から生成へ:DCGAN
・強化学習
・AI/IoTのビジネスアーキテクチャー
・ビジネスアーキテクチャーとは?
・IoTとM2M
・構成要素

人工知能システム

・クラウドアーキテクチャ
・並列化
・深層学習
・クライアントアーキテクチャ
・各種標準
・UI技術の高度化
・データサイエンス
・セキュリティフレームワーク
・OSS
・データ収集と整理・正規化
・収集のステップ
・前処理
・組み込み系への深層学習・機械学習展開(ハードウェア詳細)
・POCの進め方

AI技術の革新性を見極める

・様々なサービスに使われるAI技術
・CNN
・RNN
・動作キャプチャ
・人物/顔/表情認識
・AIサービスを評価方法、デューデリジェンス
・Disruptive Technology(破壊的技術)の台頭とAI技術の急速な進歩
・代表的な大手AIテクノロジーベンダーのサービスアーキテクチャ
・倫理、法律

グループワーク

・テーマ

・画像認識、音声認識、自然言語処理等について4回を想定

・進め方

・チーム内で各ステークホルダーに役割分担し、要求仕様、PoC提案書、見積書、開発スケジュール、システムダイヤグラムを作成

※カリキュラムは各期に進捗により順序は前後する場合がございます。

 

開催日程

東京 第3期

現在準備中

 

講師紹介

    • 宮﨑 淳

      宮﨑 淳

      慶應義塾大学大学院工学博士。専門分野は、並列人工知能マシン、技術マーケティングなど。 人工知能、特に深層学習を中心とした人工知能システムの設計、コンサルティングに従事し、シリコンバレーと日本を繋ぐ新規事業開発とインキュベーション、日本アジアパシフィックでの事業化・技術マーケティングなどを担当してきた。現在は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所にて、招聘客員研究員 AIクラウド社会実装を担当するかたわら、人工知能、ITシステム、IoTシステムのコンサルティング、経営コンサルティングなどに携わる。

 

ご案内

当日の持ち物

パソコンやスマホなど、ネットに接続して情報を収集できる端末。
※Wi-Fi環境はございますが、繋がりにくい場合はご自身のテザリングをご利用ください。

会場への入場

講座開始の10分前からとさせていただきます。

関連する講座

Page Top
お申し込みはこちら