ディープラーニング最新論文講座

ディープラーニング最新論文講座

ディープラーニングの最先端を効率的にキャッチアップするための講座です。

近年の機械学習エンジニアには、ディープラーニングの基本的な実装力だけではなく、日々進化しているディープラーニングの最先端をキャッチアップできる能力も求められます。
しかし、日々数多くの論文が投稿される中で、独力でカバーするのは、難易度が高く、効率的とは言えません。
そこで本講座では、ディープラーニング講座で触れる重要DL論文の理解からさらに一歩先を目指し、最先端をキャッチアップし続けられる人材となることを目指します。
E資格の合格率を高めることはもちろん、E資格取得後の継続的な学びの場としてもご活用ください。

講座概要

求める理解レベルに応じて2つの講座をご用意しています。

講座名 ディープラーニング最新論文講座【速習編】
講座時間 対面講義4時間×1回 合計4時間(ポイントを中心に学習します)
料金

・対面講座:¥40,000/1名(税別)
・オンライン講座:¥36,000/1名(税別)

ディープラーニング講座をお申し込み済みの方は、50%OFFで受講いただけます。

定員 25名(最少催行人数10名)
コンテンツ 対面講座:
①対面講義(4時間)②講義資料 ③対面講義の録画動画

オンライン講座:
①対面講義の録画動画 ②講義資料
※動画視聴期限は、動画共有日から3ヶ月間となります。

 

講座名 ディープラーニング最新論文講座【深掘り編】
講座時間 対面講義4時間×4回 合計16時間
料金

・対面講座:¥160,000/1名(税別)
・オンライン講座:¥144,000/1名(税別)

ディープラーニング講座をお申し込み済みの方は、50%OFFで受講いただけます。

定員 25名(最少催行人数10名)
コンテンツ 対面講座:
①対面講義(16時間)②講義資料  ③対面講義の録画動画 ④チャット質問対応

オンライン講座:
①対面講義の録画動画 ②講義資料 ④チャット質問対応
※動画の視聴期限、チャット質問期限はいずれも講義最終日から30日間となります。

 

この講座で得られること

  • ディープラーニングに関する最新の研究動向
  • ディープラーニング最新論文を自力でキャッチアップできる力(深掘り編)
  • E資格の点数アップ(最新の研究に関する出題の可能性があります)

取り扱い予定の論文

速習編深掘り編

最新のICML2019とICLR2019の話題と、それに関連する過去の論文を紹介する予定です。

こちらの記事に掲載されている論文を予定しております。

スキルアップAI講師陣が選ぶ「2019年前半に読むべきディープラーニングの最新論文 19選」』

 

前提知識

  • ディープラーニング講座+機械学習講座を修了レベル
  • CNN・RNNに関する基本的な動作原理や生成モデル・強化学習に関する基礎知識

 

受講対象者

  •  日本ディープラーニング協会のE資格試験を受験される予定の方、E資格を取得済みの方
  •  ディープラーニングの最新研究に興味がある方
  •  自力で論文を読むきっかけを掴みたい方

 

開催日程

速習編深掘り編

東京/オンライン

日程調整中

担当講師一覧

  • 斉藤 翔汰
    斉藤 翔汰

    スキルアップAI講師。横浜国立大学大学院 環境情報学府 情報メディア環境学専攻(現:情報環境専攻)修了。修士(情報学)。高専時代に画像認識に対して興味を持ったことがきっかけで、現在はDeep Learningや機械学習、進化計算などの人工知能分野におけるアルゴリズムの研究開発やコンサルティングに従事。日本ディープラーニング協会の2018年度・2019年度E資格合格者、2018年度G検定合格者。

東京/オンライン

日程調整中

 

ご案内

当日の持ち物

PDFファイルを表示できるPC

講座までの準備

不要

会場への入場

講座開始の10分前

 

よくあるご質問

速習講座との具体的な違いは何ですか?

扱う論文は同様ですが、深掘り編は、式の意味、ネットワークの構成等の詳細に踏み込んで解説・議論を行い、自力でキャッチアップし、人に説明ができるレベルの理解を目指します。

申込締切はいつですか?

開催日(対面講座)の前日までです。前日までに、お支払い済みである事が確認できている必要があります。

領収書・請求書などの発行は可能ですか?

はい、可能ですので、お申し込み時の備考にその旨と宛名をご記入ください。但し、クレジットカード(Paypal)でお支払いの場合、PayPal発行の受領書が領収書となりますので、領収書の発行はできません。

 

 

Page Top
お申し込みはこちら