DX講座

DX講座

DXの本質を理解し、 自社に応用できるDXの考え方を身につける

近年、今後の経営にDXが不可避との認識は定着してきましたが、「何から始めればよいのか分からない」「デジタル化やツールを導入すれば良いのでは?」「DXとAIの違いが分からない」といった声も多く、なかなか具体的なアクションに繋げられていないといった課題を様々な企業が抱えています。

本講座では、こうした課題を解消するため、DXの本質を理解し、様々なDXの事例を知ることで、自社に応用できるDXの考え方を身につけます。

講座の概要

講座で得られる知識・スキル

  • DXの本質
  • 様々なDXの事例
  • 自社に応用できるDXの考え方

講座の特長

  • デジタルテクノロジーに関する前提知識は不問
  • DXの本質を理解できる
  • 事例やワークを通じてDXを推進する具体的な方法を学ぶ

こんな方におすすめ

  • 社内でDXを推進していく立場だが、何から始めればよいのか分からない方
  • DX推進するにあたり、具体的な実践方法を習得したい方
  • 事業開発現場の担当者
  • 新しい事業を作り出したいリーダーや管理者、経営者

講座概要

講座名 DX講座
受講スタイル オンライン講座
お好きな時間、お好きな場所でeラーニング形式の講義を受講いただけます。
講座時間 動画講義5時間半
料金 22,000円/1名(税込)
料金に標準で含まれるもの
  1. 動画講義
  2. 講座資料
備考 請求書・見積書の発行対応はできませんので、予めご了承ください。

カリキュラム

  • DXの全体像
  • DXを支えるテクノロジー
  • DXのためのIT基盤
  • DXのための業務オペレーション変革
  • DXを成功させる人材と体制
  • DXによるビジネスモデルの変革

※カリキュラムは変更となる場合がございます。

カリキュラム詳細が知りたい方はこちら
お問い合わせ

法人研修のご相談はこちら
※法人研修をご検討の場合はカスタムも可能です

開催日程

オンライン講座

随時お申し込み可能です。受講方法については、お支払い確認後、3営業日以内にご案内いたします。
※動画視聴期限は、動画共有日から1年間となります。

講師紹介

  • 田原 眞一

    東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。新卒でベンチャー企業に入社後、エンジニアとプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社リクルートコミュニケーションズにて複数のAI案件に携わる。現在は、医療業界と金融業界を中心に、様々なAI案件をリードする。

  • 小縣 信也

    兵庫県出身。大阪市立大学工学部卒業後、建材メーカー、設備設計事務所に勤務。2010年、OpenFOAM勉強会for beginner(現オープンCAE勉強会@関東)を立ち上げ3年間幹事を務める。建築環境に関する数値シミュレーション、電力量や温湿度などのセンサーデータに関する分析が専門。1級建築士、エネルギー管理士。2013年、国土交通省国土技術政策総合研究所 優秀技術者賞受賞。 日本ディープラーニング協会主催2018E資格試験 優秀賞受賞、2019#1E資格試験優秀賞受賞。最近は、需要予測や異常検知などのモデル開発に取り組んでいる。著書「徹底攻略ディープラーニングE資格エンジニア問題集」(インプレス)。

 

関連ブログ

FAQ

動画の視聴期限はいつまでですか?

動画共有日から1年間です。

領収書・請求書などの発行は可能ですか?

本講座は、請求書・見積書の発行対応はできませんので、予めご了承ください。

 

講座共通のFAQ

更新日:2021.09.14
Page Top
お申し込みはこちら