GCP認定 Professional Data Engineer 対応

AIシステムのための
データエンジニアリング実践講座

AIシステムのためのデータエンジニアリングの基礎を
GCPを通して学ぶ

Google Cloud Platform、GCPは、米国その他の諸国における、Google LLCまたはその関連会社の商標または登録商標です。

AIシステムのためのデータエンジニアリングの基礎をGCPを通して学ぶ

本講座では、Google Cloud Platform(GCP)のデータエンジニアリングサービスについて学習します。具体的には、Google Cloud Storage や BigQuery などのデータ保存やデータの処理に関するサービスを学びます。

  • 東京工業大学情報理工学院修了。大学院時代は数理モデリングの手法を用いた脳神経科学の研究に携わる。大手インターネット企業でマルチビッグデータシステムの開発・運用業務に従事した後、個人事業主として独立。現在SkillUpAI講師と並行し、MoneyForwardLab特別研究員として金融系データの解析業務を行う。2018年、ショウジョウバエ大規模ニューラルネットワークの数理モデリングの分野でIEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter Young Research Award受賞。

講座の特長

  • 1

    GCPが提供するデータエンジニアリングサービスの全体像が学べる

    Google Cloud Platform(GCP)が提供するデータエンジニアリングサービスの概観をつかむことで、特徴を活かしたエンジニアリングを実現する足掛かりになります。
  • 2

    Professional Data Engineerの試験対策ができる

    Google Cloudのプロフェッショナル認定資格「Professional Data Engineer」に対応した内容なので、試験対策にも活用できます。
  • 3

    現場経験の豊富な講師による実践的なカリキュラム

    データサイエンスやAI開発の現場で活躍した講師が、経験を踏まえてカリキュラムをデザイン。仕事の現場で役に立つ知識やスキルが効率よく身につきます。
    ※カリキュラムは変更になることがございます。
    事前学習本編

    ※講座資料のみ

    第1章:クラウドの基礎

    第2章:データエンジニアリングの基礎

    第3章:機械学習における前処理の基礎

    第4章:機械学習モデルの基礎

    第5章:AIソリューション構築

    第1章:GCPにおけるセキュリティ

    第2章:データの取り込みと処理(ハンズオンあり)

    第3章:データストレージ

    第4章:BigQueryによる分析用データの準備(ハンズオンあり)

    第5章:データ移行・監視

    続きを見る

得られる知識

  • GCPが提供する各種サービスを使ったデータエンジニアリングの基礎

    GCPにおける各種AIサービスについて、適切な使いどころを判断できるようになります。
  • Professional Data Engineerの合格に必要なGCP関連の知識

こんな方におすすめ

  • データエンジニアリングに関するGCPのサービス概要を把握したい方
  • Professional Data Engineerの資格を取得したい方

講座概要

講座名 GCP認定 Professional Data Engineer 対応
AIシステムのためのデータエンジニアリング実践講座
受講形式 オンライン講座:eラーニング形式
お好きな時間、お好きな場所でeラーニング形式にて受講いただけます。
前提となる知識

必須スキル

  • Linuxの基本的な操作(特にbash等のコマンドライン操作)

推奨スキル

講座時間 動画講義約3時間(演習時間除く)
料金 110,000円/1名(税込)
料金に標準で含まれるもの
  1. 動画講義
  2. 講座資料
  3. 理解度確認テスト
  4. チャット質問対応
  5. クラウド入門講座
動画の視聴期間 動画共有日から1年間
お申し込み前の確認事項
  • 講座内で実施するハンズオンでは、外部事業者が提供するクラウドサービス(AWS, Azure, GCPなど)を利用します。外部事業者のサービス内容及びサービス仕様は、予告なく更新されるため、画面仕様やサービス利用における料金体系も含め、弊社提供教材の内容とは異なる場合がございます。
  • 本講座の教材は、教材作成時点での外部事業者のサービス内容に基づき、外部事業者が提供する無料枠分の使用量で実施できるよう構成されておりますが、利用状況によっては、無料枠分を超えて料金が発生する場合がございます。
PCの動作環境
  • MacOS 10.12以上(教材として提供するNotebookの一部に、M1 MacまたはM2 Macに対応していないものがあります。)
  • Windows 8以上(64bit必須)
  • メモリ8GB以上
  • 事前準備
    • GCPへのアクセスが可能なPCをご利用ください。 特に社用PCを使用する場合は、必ず「お申し込み前に」GCPへのアクセスが可能かどうかご確認いただくようにお願い申し上げます。
    • GCPのアカウントを事前にご用意ください。アカウント作成にはクレジットカードが必要となります。
    TOP
    Page Top